和菓子

赤羽の和菓子店伊勢屋の豆大福はコストパフォーマス最高の大きさだった!

赤羽一番街といえば飲み屋のイメージがありますが、その中に豆大福が人気のお店があります。

そのお店は「伊勢屋」という和菓子屋さん。

地元の人がおやつをよく買いに来るお店で、昼間には行列ができていることもあります。

伊勢屋のメニュー

赤羽駅から徒歩3分の場所にある「伊勢屋」

赤羽駅の東口を出て赤羽一番街を歩いていくと、すぐ左手にあります。

豆大福の黄色い看板が目印です。

ショーケースには草餅、おはぎ、みたらし団子が並んでいます。

じゃんぼおはぎにまめ大福。まめ大福はこしあんと粒あんの二種類あります。他には、のし餅とまめ餅がありました。

和菓子屋さんで売っている家庭的ないなりずし。

お赤飯も定番ですね。

人気の豆大福は、一日に3回作りたてが店頭に並びます。この時間を狙って来る人もいるんですよ。

いなりずしも気になりますが、今日は豆大福と草餅、みたらし団子を買って帰ります。

スポンサーリンク

豆大福は想像以上の大きさだった

購入した「豆大福 130円」「草餅 130円」です。豆大福は粒あんをチョイス。実はこしあんが苦手何ですよね。もちろん草餅も粒あんです。

下には「みたらし団子 130円」が隠れています。

豆大福は大きくてずっしりとしています。ちなみに粒あんにはピンクの印が付いているので、こしあんと区別することができます。

皮が普通の豆大福よりもかなり厚めなので、食べ応えがあります。粒あんは甘さ控えめなので、この大きさでも余裕で食べられました。豆もゴロゴロ入っているので満足感があります。

草餅です。豆大福と比べると小さく見えますが、これが普通の大きさです(笑)

中には粒あんがぎっしり詰まっています。皮はよもぎの香りがほのかに感じられます。小ぶりなので、あっさりと食べられました。

みたらし団子です。お団子の焼き目が香ばしくて、タレがしっかりと絡んでいます。タレは甘めなので、子供が好きそうな味です。

こちらの商品はすぐにお餅が固くなってしまうので、買ったらすぐに食べたほうがいいですよ。

豆大福のボリュームがすごかったので、これだけでお腹いっぱいになりました。おやつというよりは、ご飯がわりでも十分だと思います。

お店の雰囲気・感想

昔ながらの和菓子屋さんで、素朴な商品が並んでいます。お子さんからお年寄りまで、みんなが安心して食べられる和菓子です。

特に豆大福は、この値段でこの大きさはコスパ最高です!粒あんとこしあんを食べ比べてみるのもいいですね。

買い物帰りにふらっと立ち寄りたいお店です。

伊勢屋へのアクセス・営業時間

住所:東京都北区赤羽1-20-5

アクセス:赤羽駅から285m

営業時間:午前10時30分〜午後8時 ※売り切れ次第、閉店となります。

定休日:火曜(臨時休業あり)