エクセルで合計を別シートに反映させる手順を解説

エクセルで合計を別シートに反映させる手順を解説 エクセル

この記事では『エクセルで合計を別シートに反映させる手順』を解説します。

今回紹介する手順では、シートごとに月別・支店別に分けたデータを別のシートに集計することができます。

シートを増やしたときの対処法もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

エクセルで合計を別シートに反映させる計算式

今回はこのように1月から4月までの商品在庫をまとめたシートのデータを、合計のシートに集計します。

1月から4月までの商品在庫をまとめたシートのデータを、合計のシートに集計する

 

例えば、合計シートのC4セルに入る関数は以下の通りで、こちらを他のセルにコピーして完成させます。

=SUM(‘1月:4月’!C4)

合計のシートの完成形

スポンサーリンク

エクセルで合計を別シートに反映させる手順

エクセルで合計を別シートに反映させる手順を解説していきます。

まずは、合計シートのC4セルに『=SUM(』と入力します。

合計シートのC4セルに『=SUM(』と入力

 

続いて、1月シートを選択すると計算式が自動で『=SUM(‘1月’!』に変わります。

1月シートを選択すると計算式が自動で変わる

 

キーボートの『Shift』キーを押しながら4月シートを選択すると、今度は計算式が『=SUM(‘1月:4月’!』に変わります。

キーボートのShiftキーを押しながら4月シートを選択

 

4月シートのC4セルを選択すると、計算式が『=SUM(‘1月:4月’!C4』に変わります。

4月シートのC4セルを選択

 

『Enter』キーを押すと合計シートに戻り、合計シートのC4セルに各シートの合計値が反映されます。

『Enter』キーを押すと計算式が反映される

 

この計算式を他のセルにも反映させるためにコピーします。

C4セルを選択してカーソルを右下に合わせ、『+』マークに変わったらF4セルまでドラッグします。

『+』マークに変わったらF4セルまでドラッグ

 

すると、F4セルまで計算式がコピーされて反映されます。

F4まで計算式がコピーされる

 

続けて、C4セルからF4セルまで選択した状態でF4セルの右下にカーソルを合わせ、『+』マークに変わったらF6セルまでドラッグします。

『+』マークに変わったらF6セルまでドラッグ

 

すると、6行目まで計算式がコピーされて反映され、合計シートが完成します。

6行目まで計算式がコピーされて反映され、合計シートが完成

シートを増やしたときの対処法

シートを増やしたときの対処法

翌月になってシートが増えたら、もう一度計算式を入力し直すのも一つの手です。

ただし、それよりもシートの計算式を修正したほうが早いです。

 

合計シート内の先ほど計算式を入力したセルを全部選択し(今回はC4セル~F6セル)、『検索と選択 ⇒ 置換』に進みます。

『検索と選択 ⇒ 置換』に進む

 

検索する文字列に『4月』、置換後の文字列に『5月』と入力して『すべて置換』をクリックします。

『すべて置換』をクリック

 

『OK』をクリックします。

『OK』をクリック

 

すると、計算式も5月までの合計に反映されます。

計算式も5月までの合計に反映される

このように定期的にシートが増えていく場合は、置換機能を使うと非常に楽です。

ただし、置換の際『4 ⇒ 5』のように『月』を除いてしまうと、計算式内の他の『4』も『5』に置き換わってしまうため、置換を使うときはシート名を正確に入力するよう気を付けてください。

まとめ

今回は『エクセルで合計を別シートに反映させる手順』を解説してきました。

SUM関数を使って『Shift』キーを押しながら操作すれば、シートが何枚あっても簡単に合計を反映させることができます。

また、置換機能を使うと、シートを増やしたときも簡単に対応できます。

合計値を別シートに反映させたいときは、ぜひ今回お伝えしたやり方を参考にしてみてください。

エクセル
スポンサーリンク
東京スイーツとパン巡り
タイトルとURLをコピーしました